ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
産後ダイエット@情報銀行

ダイエット飲料

Micacoさんの特製ジュース

Micacoさん特製の便秘解消ドリンクを作ってみましょう。
<ニンジンとリンゴのスムージー>
作り方
 ニンジン    1本
 リンゴ     半分
 リンゴジュース 200cc
 液体プルーン  大さじ1杯
このジュースはは、排泄機能を良くするで便秘の解消になります。
出産後に不足しがちな鉄分もしっかり補給できます。
好き嫌いはあるかも知れませんが、綺麗になるためです。
1日コップ1杯を目安に、ダイエット中は続けてみましょう。

ダイエット器具

ジャガー横田さんの産後ダイエット

ジャガー横田さんの産後ダイエットで使用されたウエストニッパーというものがあります。
どういうものかと言うと、4段ベルトタイプはお腹全体を、2段ベルトタイプは下腹部を引き締める効果があります。
まずは2段からスタートし、ある程度引き締まってから4段にすると効果的です。
いきなり4段ベルトタイプだと、食い込んでしまい逆効果になってしまいます。
ウエストニッパーは産後2〜3日目から半年間使用するのが一番効果的です。
ジャガー横田さんは、Micacoさんのアドバイスで使用するようになりました。

ダイエット菓子

ダイエット中のお菓子

ダイエット中に間食は厳禁です。
でも我慢ばかりも、ストレスの原因にもなります。
間食はやめられないけどダイエットは成功させたいという人に、良いものを見つけました。
それが、NEWアプリコントロールという商品です。
結構甘いんですけど、美味しくてダイエットクッキーみたいじゃないかも。
内容は、チョコレート味4袋、バニラ味4袋、アプリコット味4袋が入っています。
今、通常8,800円のところを3,654円で売ってました。
結構人気商品みたいですので、甘いものがやめられない方、必見です。

産後ダイエット

産後ダイエットの注意

授乳中は食事の量を減らしてしまうような無理なダイエットはやめましょう。
赤ちゃんに栄養たっぷりのおっぱいをあげるためには、3度の食事を摂りながら、運動などのカロリー消費によるダイエットが好ましいといえます。
授乳するだけでも、1日600〜800キロカロリーも消費すると言われています。
筋トレ80分相当の消費量です。
産後ダイエットにおいては、お乳の出が良い人ほど上手くいっているようですので、お乳の出が良くなるような対策をするのは、自分にとってもも赤ちゃんにとっても良い事になります。
産後ダイエットを成功させるには「授乳」が大きな要素とも言えます。



ダイエット体操

竹内結子式ダイエット

竹内結子さん実践のダイエット

産後に開いてしまった骨盤を正常な状態に戻す為の運動で、インスパイリングエクササイズというものがあります。
竹内結子さんが実践したことで注目を集めています。

まず骨盤を締めるエクササイズから。

仰向けになり、片膝を立ててもう一方の脚のかかとが腰のあたりにくるようにします。
動きを止めて息を吐きながらひざを内側に 10回バウンドさせてから、息を吐きながら10秒キープします。
左右の脚を行ったあと、つま先立ちをしてお尻をぐっと持ち上げて10回バウンドさせてから10秒キープします。
そして今度は、両膝を抱えて胸の方へ5〜6回引き付けます。

次に締めた骨盤を緩めるエクササイズにいきます。

うつ伏せになり脚をハの字に開き手を顔の前に組んで顔を左、脚を右にします。
両足の膝から下を持ち上げて10回右側へ脚を倒します。
次に脚を倒したままお尻を持ち上げて 15秒キープします。
顔と脚を真ん中に戻し、両足の膝から下を持ち上げて左右に5〜6回骨盤をゆすります。
終わったら今度は逆パターンもやります。
1日1〜2回行うと骨盤が徐々に矯正されていきます。
普段の生活の中で痩せやすい体質作りを目指しましょう。
ちなみにジャガー横田さんもやってるそうです。

ダイエット

産後はなぜ太る?

産後はなぜ太るのでしょうか?
妊娠中は赤ちゃんに栄養を送ろうとする為、女性ホルモンが活発になります。
そのため食欲が旺盛になり、脂肪が蓄積されやすくなります。
妊娠中は体も動かしづらくなり、動作もゆっくりになるため、
カロリーの消費が減ってきます。
そして筋肉も落ちてきます。
これが産後太りの原因です。
太る条件が見事にそろっていますね。
でも子供の為にも、綺麗なおかあさんを目指しましょう。

産後ダイエット

産後ダイエット、初めの一歩

産後ダイエットは、産後6ヶ月以内が、効率の良い時期と言われています。
でも6ヶ月間で理想の結果が得られない場合もあります。
でも諦めないでください。そんな皆さんの為になる情報をどんどん発信していきます。
思ったような結果が出ないとあせりがちになりますが、、無理なダイエットはいけません。
間食などには気をつけて、3度の食事をきちんと採りながら痩せられれば理想的です。
まず開いた骨盤を締めるために、下腹部にコルセットやサポーターを付けて見ましょう
姿勢を正すために、座るときは脚を組まないようにしましょう。
考え方としては、、体重よりも筋肉量を元に戻すことを心がけていけば、基礎代謝も増えて
自然にやせられるようになります。