ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
産後ダイエット@情報銀行

肥満の危険性

メタボリックシンドローム

体脂肪には、大別すると皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。

肥満による体への悪影響はいろいろありますが、死に直結するような病気という事で言えば、内臓脂肪のほうが危険です。

内蔵脂肪の蓄積過多に伴う糖尿病高血圧、高脂血症を複合的に捉えて、動脈硬化を招きやすくなったその病態を「メタボリックシンドロームと呼んでいます。

欧米ではこの4つがそろう事を「死の4重奏」などとも言います。
参考までに、メタボリックシンドロームの基準を載せておきます。

(1)腹囲径
   男性85cm以上、女性90cm以上
  (内蔵脂肪面積 男女とも≧100cmに相当)
(2)中性脂肪
   150mg/dL以上
(3)低HDLコレステロール血症
   40mg/dL未満
(4)血圧
   上が130mmHg以上、もしくは下が85mmHg以上
(5)空腹時高血糖
   110mg/dl以上

(2)〜(5)のうち、2つ以上当てはまれば、メタボリックシンドロームと診断されます。
上記の数値は、日本人に合わせた診断基準であり、国際糖尿病連合会議が発表した数値とは異なります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44850844
この記事へのトラックバック